飲食店などを新しく始めたい、今入居している物件が手狭なので引っ越したい、というときには、まず物件探しをしなければいけません。そのとき選択肢の一つになり得るのが居抜き物件です。居抜き物件は前のテナントが使っていた設備などをそのまま使えるので、事業を開始するときに工事費の節約につながります。ただし、節約効果があっても、立地や内装の状態など物件の質を無視して借りてしまうと、肝心の商売に支障をきたしてしまいます。その物件が無条件に良いものであれば、前のテナントが閉店することはなかったのです。その点は十分に考慮しなければいけません。大事なのは、これから始める店がその居抜き物件にあっており、また多少の問題はあっても努力次第でなんとかできるようだと目途がつけられるかということです。そういうことを踏まえて、どの世にして居抜き物件を探していくかを簡単に見ていきましょう。

店舗専門の不動産情報サイトを活用する

住宅用の不動産情報サイトがいくつもあるのと同様で、店舗専用の不動産情報サイトもいくつもあります。居抜き物件を探すためには、自分の足で地道に探すのはどうしても限界がありますし、比較できる数が少ないと納得できる結果にはつながりません。ただ一つ二つの不動産情報サイトでは、居抜き物件ではなく普通の空き店舗のほうが掲載は多いので、それほどの収穫はありません。ですから、一つでも多くの不動産情報サイトに登録して、居抜き物件の情報を集めていきましょう。不動産情報サイトの中には、間取り図だけでなく写真や動画で外装や内装を確認できるので足を運ぶ手間をある程度省くことが出来ます。もしも、サイトを確認したときには情報がなくても、どのような物件が良いのかという条件が固まっているのであれば、サイトに登録をしておけば、新しく入った物件情報の中で、条件にあうものがあればメールなどで知らせてくれるのでとても便利です。

金融機関に物件を紹介してもらう

居抜き物件の情報は不動産業界だけで入手できるものではなく、時には別の業界から仕入れることも可能です。どういうことかというとおすすめは金融機関に紹介してもらうという方法です。店を開くとなれば、それなりの資金が必要になりますから、多くの方は金融機関に融資をしてもらうことになるでしょう。その際、金融機関に情報はないかと尋ねてみるのです。金融機関は、地域の情報に詳しいですし、過去に融資した顧客で閉店してしまったお店なども把握しています。金融機関も融資したお金が回収不能になってしまうと困りますから、条件の悪い物件をあえて勧めるような心配はありません。たとえ直接物件の紹介をしてもらえなかったとしても、いい物件の情報を持っている不動産会社を紹介してもらえる可能性もあります。